レズビアンの恋人探しや悩み相談はここがオススメ


ハッピーメール
大手のマッチングサイトも続々レズビアンの出会いに対応中!!有名サイトだから利用は安心ですし、トラブルになりにくいのもいいところ。女の子はめちゃくちゃ登録しているので簡単に友達も見つかるよ。

マイノリティクラブ


セクシャルマイノリティ限定の本格SNSがこのマイノリティクラブです。セクシャルマイノリティ専用というだけあって、色々と細かな配慮がされていて交流がしやすいです!冷やかし対策のためにフリーメールが使えないのでその点は注意!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参考になりましたらポチッとお願いします!!更新するパワーになります!!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bianlover.blog.fc2.com/tb.php/101-727eed1d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

学校では教えてくれない“性” のこと、レクチャーします。

みなさんは学生時代「性教育」を受けたことがありますか?多くの方はきっと「イエス」と答えると思います。身体の仕組みや、それにともなう心の変化を学ぶ性教育は“男女”という二つの性を大前提に語られることが一般的ですね。

でもこのカテゴリーに当てはまらない性のあり方、セクシュアリティがあることを、みなさんは普段どれくらい意識しているでしょうか。今日は誰もが自分らしく輝ける社会づくりを目指す「虹色ダイバーシティ」の活動を、代表の村木真紀さんに伺いました。


あなたの隣にもいる性的マイノリティ

「性的マイノリティは私の周りにいない」と思う方、実はあなたの認識よりもずっと多いのです。あるアンケート結果によると人口の5.2%を占める(2012年電通総研調べ)と言われています。つまり確率的には、クラスや職場に20人いれば、その中に1人は性的マイノリティが存在する、ということなんです。

greenz.jp読者にとっては「LGBT」という言葉でおなじみかも知れませんが、もう一度性的マイノリティの性のあり方をおさらいしましょう。女性が女性を好きになるL(レズビアン)、男性が男性を好きになるG(ゲイ)、異性も同性も好きになるB(バイセクシュアル)、生まれた時に割り当てられた性別にとらわれないT(トランスジェンダー)。あるいはLGBTにも当てはまらない、多様なセクシュアリティを持つ人だっています。

にもかかわらず、社会生活を送る上では必ず二つに分けられてしまう性別。自分の思いにかかわらず、生まれた時から男か女のどちらかが与えられて、寝ても覚めてもずっと自分につきまとう。性別に違和感を抱いている人にとっては、日常生活そのものが生きていく上での死活問題。「朝起きて制服を着ることが苦痛で、学校に行けず引きこもる人だっています」と村木さんは言います。

自分を常に偽り続ける緊張や不安、孤立感などから精神的にも影響が出やすく、自殺につながることも。日本の現状では性的マイノリティの人を守る法律もなければ、同性婚も認められていない。”老若男女”という言葉は”あらゆる人々”という意味ですが、その中に性的マイノリティである自分たちは想定されていないという経験を、ずっと子どもの頃からしているのです。言葉にしないと、私たちは最初から”なき者”とされてしまうのです。


大手企業こそ、今LGBTに注目!

家族にすら本当の自分を打ち明けられないLGBTたち。違和感や苦痛を抱えながら学生生活を終え、ようやく社会人になったとしても、職場に同性愛者をからかう雰囲気があったりして、転職を繰り返す人も多いのだとか。「これでは優秀な人材の流出にもつながります」と村木さん。

「虹色ダイバーシティ」では2012年から性的少数者が働きやすい職場をつくるために、企業や行政機関などに向けて、社内勉強会や講演会、コンサルティング活動を行っています。これまで「資生堂」「日本IBM」といった大手企業や行政、NPO団体から続々とオファーを受けてきました。

講演後は「今まで意識してこなかった問題なので興味深かった」「当事者ではないが、自分にできることを考えたい」などのポジティブな声を多く聞くと村木さんは言います。中には講演後に会社の行動規定を変えた企業もあるのだとか。村木さんは爽やかに、笑顔でさらりと話してくれましたが、会社の行動規定は会社のあり方や、会社の価値そのもの。それを変えるのは大きなイノベーションです。そもそも「虹色ダイバーシティ」はなぜ企業に向けて講演をしているのでしょうか?

例えば、政治の場面で同性パートナーの法的保障を実現しようとすると、法律をつくらないといけないので、国会議員の3分の2を説き伏せないといけない。その3分の2を説得するためには、その議員を支持しているさらに多くの人々にも同意を得ないといけない。それってかなり大変なことでしょ?

でも会社だったら法律がなくても変えていける。社会を変えるために、今の社会の中で大きな影響力を持つ企業のマネジメント層に向けて話をするんです。日本ってちょっと雰囲気が変われば、あっという間に世論が変わるという特徴がある気がするんですよね。その最初のきっかけになればいいと思うんです。

性的マイノリティのサポーターになりませんか?

現実的に社会を動かす力がある層をターゲットに活動していくところが、アイデアですね。 村木さんは活動を続けるうちに「会社に外から物申すのではなく、企業を内側から変える」方が日本の組織の中では動きが早い、と悟ります。そしてその立役者に”ALLY(アライ)”を据えました。

「ALLY」とは、もともと同盟・支持者という意味。性的マイノリティの当事者ではなく、理解者、支援者というわけです。確かに当事者は自分のセクシュアリティを会社の中でカミングアウトしづらいし、問題を抱えていたとしても声をあげにくい。でも第三者なら、自分のためでなく誰かのためになら、言えることってありますよね。村木さんはLGBTをサポートする人たちの取り組みこそが世の中を変えていくと言います。

当事者が声をあげたら「わがままだ」と批判されがちです。また、LGBT施策を提案して否定されたら自分自身を全否定されたような気がして落ち込んでしまいます。そんな場面でも、”ALLY”なら立ち向かってくれるんです。


【記事全文】
学校では教えてくれない“性” のこと、レクチャーします。LGBTが働きやすい職場をめざす「虹色ダイバーシティ」[マイプロSHOWCASE関西]
http://greenz.jp/2013/04/09/nijiiro_diversity/
参考になりましたらポチッとお願いします!!更新するパワーになります!!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bianlover.blog.fc2.com/tb.php/101-727eed1d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

レズビアンの恋人探しや悩み相談はここがオススメ

LOVE BIAN


レズビアン同士の恋人探し・恋愛相談に強いのが完全無料のこのサイトです。利用者がレズビアンかバイしかいないので、レズビアン特有の悩みだって安心して相談することが出来ます!!ここでカップルになれたという報告も沢山あります!!



ハッピーメール
大手のマッチングサイトも続々レズビアンの出会いに対応中!!有名サイトだから利用は安心ですし、トラブルになりにくいのもいいところ。女の子はめちゃくちゃ登録しているので簡単に友達も見つかるよ。


イククル
芸能人が宣伝をしていて有名なSNSサイトですけれど、実はココにもレズビアン向けの同性愛掲示板が存在しています。ガチのレズビアンじゃなくって、「もしかしたらレズビアンかも?」って女の子が結構見つかるので、意外と出会いの機会が多いのはいいところです。

【PR】

逆アクセスランキング

アクセスカウンター

人気記事ランキング

QRコード

QR

【PR】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。