レズビアンの恋人探しや悩み相談はここがオススメ


ハッピーメール
大手のマッチングサイトも続々レズビアンの出会いに対応中!!有名サイトだから利用は安心ですし、トラブルになりにくいのもいいところ。女の子はめちゃくちゃ登録しているので簡単に友達も見つかるよ。

マイノリティクラブ


セクシャルマイノリティ限定の本格SNSがこのマイノリティクラブです。セクシャルマイノリティ専用というだけあって、色々と細かな配慮がされていて交流がしやすいです!冷やかし対策のためにフリーメールが使えないのでその点は注意!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
参考になりましたらポチッとお願いします!!更新するパワーになります!!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bianlover.blog.fc2.com/tb.php/89-bbded526

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

二人の母親がいる家族、法律との葛藤

スイスでは、同性カップルがお互いをパートナーとして登録できるいわゆる同性婚が認められている。しかし、法律上これらのカップルに対しては実子も養子も持つことは認められていない。それでも、実際に同性カップルの家族(レインボー・ファミリー)と暮らしている子どもはたくさんいる。

 レズビアンのカップル2組にその実状を聞いた。

 「エリアス(仮名)が生まてくる前は、周囲からひどく批判されるのではないか、子どもが苦痛を味わうのではないかなど、とても心配でした。今のところ、周りの反応は好意的ですが、大変なときもあります。いつもカミングアウトしていかなければならない気がして」

 ガブリエラ(仮名)さんはパートナーであるナターリア(仮名)さんに視線を向ける。2人は、他の10人ほどの若い親たちと一緒にテーブルについている。ベルンのとある保育園の1室。月に1度、子どもを持つゲイやレズビアンのカップルが集う場所だ。「子どもを遊ばせたり、経験をわかち合ったり、おしゃべりしたり。私たちだって普通の親と同じです」と、ナターリアさんは皮肉混じりに話す。

 ガブリエラさんとナターリアさんは共に30才。パートタイムの看護師で、2人とも強い母親願望を持っている。「9年前に学校で知り合い、1年前に『結婚』したんです。そしてすぐエリアスがやって来ました。でも、子どもはあと1人か2人欲しいと思っています」

 母親2人の家庭で育つエリアスちゃんのケースは決して珍しくはない。他のヨーロッパ諸国との比較から、子どもを持つ同性カップルまたは性転換カップルのいわゆるレインボー・ファミリーは、スイスに6000世帯あると推測されている。

パートナーを探し求めて

  ガブリエラさんは、母親になるために法律に立ち向かわなければならないときもあった。「匿名の精子提供者は、最初から視野に入れていませんでした。ですから、私たちの計画に協力してくれる男性を探したんです」。ゲイやレズビアンを支援する協会は、子どもを望む同性カップルに向け定期的に会合を開いているという。それ以外にも、それを専門に扱うブログなどでたくさんの情報が発信されている。「エリアスの父親と彼のパートナーのことは、あるウェブサイトで見つけました。知り合ってすぐ仲良くなり、子どもを持ちたいという私たちの計画は徐々に実現されていったのです」

 スイスでは、同性カップルに生殖補助医療行為を行うことは禁じられている。そのため、多くの女性がスペインや米国など法律が緩い国へと出かける。だが、その手術費用は莫大で成功するまでに数万フラン(約数百万円)かかるともいわれている。ガブリエラさんとナターリアさんは、生殖補助医療は考えず、もっと簡単な人為的操作を選択した。「病院からプラスチックの容器と注射器を持ち帰り、容器の中に入れた精子を注射器で吸い取り膣内に注入したのです。少し時間はかかりましたが、最終的にエリアスを授かることが出来ました」

 お互い連れ添って12年になるアンナ(仮名)さん(29才)とミケーラ(仮名)さん(31才)も、これと同じ方法で子どもを授かった。しかし、妊娠するまでに2年も要したという。「どちらが生物学上の母になってもいいと思い、どちらかが妊娠するまで2人に精子を注入しました」と、最終的に生物学上の母となったアンナさんは話す。

 「医師による補助医療行為は許されていないため、自分たちで何とかしようと思ったのです。インターネットで情報を収集したり友人に聞いたり、思ったほど難しくはなかったです。出産の日を迎え、医師は興味津々に男性とセックスしたのかどうかを尋ねてきましたよ。ぶしつけだと思いません?」。そうして生まれたマルタ(仮名)ちゃんは現在9カ月。小さな足をばたばたさせ、「もう1人の母」であるミケーラさんの腕に抱かれ、うれしそうに微笑んでいる。


【記事全文】
二人の母親がいる家族、法律との葛藤
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=34908758
参考になりましたらポチッとお願いします!!更新するパワーになります!!
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://bianlover.blog.fc2.com/tb.php/89-bbded526

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

レズビアンの恋人探しや悩み相談はここがオススメ

LOVE BIAN


レズビアン同士の恋人探し・恋愛相談に強いのが完全無料のこのサイトです。利用者がレズビアンかバイしかいないので、レズビアン特有の悩みだって安心して相談することが出来ます!!ここでカップルになれたという報告も沢山あります!!



ハッピーメール
大手のマッチングサイトも続々レズビアンの出会いに対応中!!有名サイトだから利用は安心ですし、トラブルになりにくいのもいいところ。女の子はめちゃくちゃ登録しているので簡単に友達も見つかるよ。


イククル
芸能人が宣伝をしていて有名なSNSサイトですけれど、実はココにもレズビアン向けの同性愛掲示板が存在しています。ガチのレズビアンじゃなくって、「もしかしたらレズビアンかも?」って女の子が結構見つかるので、意外と出会いの機会が多いのはいいところです。

【PR】

逆アクセスランキング

アクセスカウンター

人気記事ランキング

QRコード

QR

【PR】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。